« Steinberger日本再上陸?! | トップページ | ノートパソコンと液晶モニタの併用に最適なモニタースタンド »

2009年11月25日 (水)

11/14 Machinery Heaven その2

先日出演した、新宿URGAでのMachinery Heavenの雑感です・・・と言っても、何せ前述のように怪我人だったので、あまり他バンドを楽しむ心の余裕がなかったんですが・・・。

個人的に、一番の収穫は、Musu Boreというバンドと知り合えたこと。

いや、本当に良いです。

Renさんの、憂いを帯びたボーカルと、美しいフレットレスペースの響き。
また、少ない音数で、でも各音が完璧に生きている打ち込み。(使ってる音色が、どれをとっても、私的にはど真ん中で好み)
歌いながら、ベース弾きながら、舞うって、どんだけ器用な人なんだ。

Kurokoさんの、完璧にツボを突いたドラム・パーカッション。
SIMMONSのドラムシンセが眼を引くのだけど、実際には、それ以外にも音色をスタックし、すっごく良い音を創っている。(聞いた瞬間に、SIMMONS単体では出ない音なのは気がついて、スタックしてる音源、1台までは見破った・・・いや、でもまさか本物のアレとは・・・のだけど、さらにもう1台かぶせてるというのは、さすがに御本人達に聞くまで気がつかなかったなぁ)

音の構成として、それぞれの、1つ1つの音、音色が、ものすごく練られ、大事に扱われている感じがする。
存在感のある各パートの音が、非常に豊かに響きあい、独特の音空間を創り出している。
全体として、無駄な力の入っていない、非常に心地よい空間。
それは、パワーが無い、ということではなくて、パワーの太極拳的な使い方というか、個々の要素が研ぎ澄まされた上での、力を秘め、押さえた、緩やかな動き。
・・・こういうのが、ほんと、一番難しくて、なかなか出来ないんだよ。

サウンド的には、基本的には80年代のイギリス・ヨーロッパ系の、暗めで哀愁を帯びたニューウェーブな感じなのだけど、そこに、舞弧のチョチロウさんの舞、Renさんとの絡みが加わると、和風が入って、さらに奥行き、深みのある、独特の空間になる。

チョチロウさんが、またすごい。狐の面をかぶって舞うのだけど、面のちょっとした動き、身のこなしで、とても豊かに表情が表現される。特に、指先のさばきかたが、絶対素人ではない。すごい存在感。正直、最後の方では、その動きだけで、なにか切なくなって、ちょっと泣かされそうになったんですが、終演後にご本人と話したら、むちゃくちゃ明るくて元気な方なんで、ステージ上とのギャップに、狐なだけに、見事に化かされた感が(笑)

メンバー全員の要素が、視覚的、音的に見事に融合して、Musu Boreというバンドの独特な空間を創り出してるので、これは、是非ライブで観なきゃ、です。というか、もっと観たい。
まだ、うちの出番前だったのだけど、フロアで観てて、思わず楽屋でメイク中のROMYさん呼びに行き、「これは観とかなきゃダメです」と、引っ張り出してしまった(w

で、終演後に、Renさん、チョチロウさんと記念写真。
CD買って、メンバー全員のサイン貰ってしまった、ミーハー(死語?)な私です。

Img_0180

いや、本当にすごく良いバンドです。ライブ、通っちゃいそうです。お友達になって下さい(爆

|

« Steinberger日本再上陸?! | トップページ | ノートパソコンと液晶モニタの併用に最適なモニタースタンド »

Machinery Heaven」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224355/46854763

この記事へのトラックバック一覧です: 11/14 Machinery Heaven その2:

« Steinberger日本再上陸?! | トップページ | ノートパソコンと液晶モニタの併用に最適なモニタースタンド »