« Machinery Heavenに出演します。 | トップページ | 趣味のルミナスと、最新作業環境 »

2009年11月 4日 (水)

Machinery Heaven

Machineryheaven20091114

 さて、我々Vulkanian Mediumが、今度出演するイベント、Machinery Heavenについて紹介したいと思います。

 このイベントは、2007年9月29日にスタートし、今回で5回目となります。

 私の場合、1~3回目はGregor Samsaで出演し、前回4回目には、Vulkanian Mediumの初陣で出演してます。なにげに皆勤賞ですね。
 主催者は、Gregor SamsaDavie Blue。彼が運営するレーベル、Brains Factoryのイベントとして、年3回くらいのペースで開催されてます。
(最近、Gregor Samsaという海外のバンドもあるようですが、これは、日本の方。日本のGregor Samsaは、インディーズとはいえ、1987年から活動してますんで、こっちの方が大分古いです。一応、念のため)

「Gothic/Industrialシーンの、さらなる活性化を目指し」と銘打ってるイベントです。

Gothic/Industrial系を中心としたイベントというのは、東京のアンダーグラウンド系では、特に最近は結構たくさんあったりするのですが、私が考えるMachinery Heavenの特徴としては・・・。

  • 打ち込み系を主体としている。いわゆる「バンド」っぽい編成のバンドは、ほぼ出ない。
  • 実はそんなにGothic/Industrialにこだわってなくて(・・・多分(笑)、Davie氏が、このバンド、良いから出したい、と思うバンドを、セレクトショップ的な感じで選んでいる感が強い・・・気がする。
  • ただし、毎回、イベント全体を「コース料理」的にバランスを取り、流れを考え、トータルとして楽しめるイベントを心がけて、バンドをセレクションしている(本人談)。
  • 「踊れる系」より、どちらかというと「聴かせる系」のバンドが多い・・・ような気がする。 

といった所でしょうか?

 わりと、Davie氏の長年にわたる活動で築きあげた人脈と、親しみやすい人柄による「居心地の良い」イベント・・・とはいえ、決して「生ぬるい」わけではないです。むしろ、良い意味での緊張感がある・・・・だと思います。

 なにげに、出演者側が、思わず気になってしまう「対バン」が、毎回用意されているのは、出る側としても楽しみな・・・また、緊張する所です。個性的で、しかも、わりと完成度が高いバンドが多いので。

 実際、前回なんかは、出演バンドのほとんどのメンバーが、自分の出番と準備の時以外は、ずっとフロアに出て、他バンドの演奏を見たり踊ったりして ました。それもあってか、お客さんも、自分が目当てのバンド以外の出演時にも、帰ったり外にでてっちゃったりせずに、観ていってくれる人が多くて。

 こんなイベント、最近あんまり無いんですよね。

 と、まぁ、あんまり身内がほめても何なのですが(笑)、しっかり定着し、発展してほしいイベントの一つです。

 そんな感じのMachinery Heaven、次回は11月14日です。

 Davie氏がおすすめする、Gothic/Industrial/その他(笑)、料理人達の織りなすコース料理、よかったら是非楽しみに来て下さい。

|

« Machinery Heavenに出演します。 | トップページ | 趣味のルミナスと、最新作業環境 »

Machinery Heaven」カテゴリの記事

Vulkanian Medium」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224355/46669083

この記事へのトラックバック一覧です: Machinery Heaven:

« Machinery Heavenに出演します。 | トップページ | 趣味のルミナスと、最新作業環境 »