« Machinery Heaven Vol.6 出演決定、みたいな・・・。 | トップページ | 言葉は真実を縁取る輪郭線 »

2010年1月24日 (日)

コロッケ玉子そば

多分、私が現在までの生涯で、一番多く食べている単品メニュー。

Photo

立ち食い蕎麦屋の、コロッケ玉子そば。

多分、週に1度以上は食べている。
たまに、これが私の主食なんではないかと思うくらい、毎食食べてる時期もある。

 予備校生だった頃だったと思うけど、いちばん最初にこれを食べた、横浜駅構内の立ち食いそば屋では、「コロッケ蕎麦に玉子乗せて」と注文すると、おばちゃんがオーダー通す時、「コロ玉そば一丁」と言っていた。

 立ち食い蕎麦屋では、ほぼ、こればっかり食べてるわけなのだけど、人からよく言われるのが、「そばにコロッケは、合わないだろ?」ということ。

 まぁ、確かに。コロッケを、つゆ蕎麦に入れることで、協調して美味しくなる、ということは、無いと、私も思う。天ぷら系は、そばに入れることで、合体して、まろやかに別種のハーモニーを奏ではじめる・・・って、大げさだけどw。

 実は、元々、これを食べるようになる前は、普通に天玉そばか、たぬき玉子そばを食べていた。
 ただ、ある日、ふと、天ぷらそば系だと、衣がつゆに溶け出して、そばの味がよくわからなくなり、つゆもあんかけっぽくなって、食感が変わってしまうのが邪魔くさく感じた。

 「まろやか」と捉えるか、「味の濁り」と感じるか、と、大げさに言えば、そういう意識の変化が・・・いや、今でも時々、天ぷら系もトッピングしますけどねw。

 んで、色々試した結果、コロッケ自体、好物だし、これだと、そんなにそばの邪魔をせず、そばつゆに漬かったコロッケを、そばの合間に「つまむ」感じで食べるのが美味い、ということで、いつの間にか、こればっかり食べるようになった。

つまり、そばもコロッケも、そばつゆの中で共存しつつ、お互いに必要以上に干渉しない、絶妙な関係性を愛してるというか・・・。

で、実は、私はこれを、コースとして食べていたりするw。

  1. まず、玉子の黄身を、どんぶり中央付近のそばの上に、そっと移動。
  2. 軽く黄身を割り、混ぜずに、そばを黄身にからめながら、カルボナーラ状態で、食べる。
  3. 黄身が終わったり、まざっちゃったりしたあたりで、全体に七味唐辛子を、全面を覆うようにドカ掛けし、このあたりで、コロッケをおもむろにひっくり返し(まだ食べない)、引き続き、そばを味わう。
  4. 途中から、適度につゆに浸ったコロッケを「おかず的に」食べつつ、そばを食う。
  5. そば、コロッケが終わってから、残ったつゆをスープ代わりに楽しみつつ、おにぎりを食う。(最近は、すっかり食が細くなってるんで、おにぎりは省略することが多いけど)

という感じだ。(ほんと、どーでも良い話ですがsweat01

ところで、コロッケ蕎麦というのは、いつ頃からあるのか・・・。

以前読んだ蕎麦の研究書によると、明治だったか大正だったかに、どこかの蕎麦屋が、たしか鳥のひき肉を、すり下ろした山芋と混ぜて揚げたものをかけそばに乗せて、コロッケ蕎麦と名付けて売り出したのが最初らしい、となっていた。(調べなおそうと思ったのだけど・・・原本が、うちの本の山のどこかに埋まってしまっていて、見つかりませんでした。大まじめに学術的な、蕎麦の歴史の研究書で、むちゃくちゃ高価な本だったのだけど・・・)

ちょっと、原本が見つからないので、時期やら組成が若干間違ってる可能性があるけど、少なくとも、今の、ジャガイモをパン粉で揚げた、いわゆるコロッケを乗せた蕎麦とは、だいぶ違うものだったらしい。
確かにまぁ、そういうものなら、普通にそばと合いそうだな。(とはいえ、その本では、それですら、蕎麦衰退期のゲテモノ扱いされてた気がするけどw)

もう一冊の愛読書、「蕎麦の味と食い方問題」という、村井政善さんのエッセイでも、「・・・ところがひょっこり「コロッケー蕎麦」という妙なものを売り出し始めた、ああいけないなァと思っているうちに、もう駄目でありました。蕎麦はぐんぐん邪道へ落ちてお話にならなくなってしまいました。・・・」という記述があるのだけど、これが、その、鳥とやまいものコロッケなんだろか・・・。

 蛇足の蛇足だけど、私の中では、「立ち食い蕎麦」と「ちゃんと打った蕎麦」は、別種の食べ物として認識されています。種目が別として扱われてる、という感じ。
 手打ち蕎麦屋では、かけ蕎麦系は注文しないし、逆に立ち食いそば屋で盛りそばは、まず注文しません。
 ちゅうか、よく出来た手打ち蕎麦って、あったかいつゆにつけ込んじゃうと、美味しくないんだよな。(旨い蕎麦なら、盛りで食えってんだ、べらんめー)つゆ蕎麦にするには、多少雑で、適度にそば粉の割合が少なく、表面がザラザラしてて、つゆを良い感じで持ち上げてくれるやつが良い。なので、かえって、立ち食い蕎麦屋の駄蕎麦の方が、うまい場合が多い。

 それと、コロッケに関しては、私は原理主義、純粋主義者なので、単純に、「ゆでたり蒸かしたりしたジャガイモに、何も入れずに衣をつけ、揚げたもの」が、一番好きだ。
具材を加えるにしても、せいぜい、少量の挽肉程度で良い。
安物のミックスベジタブル入れたり、カレー味付けたりっちゅうのは、私的にはもってのほかだ。
 私にとっての理想は「美味いジャガイモを使った純粋なコロッケ」です。

・・・というか、今回、ひっじょーにどうでもいい話だなw。
まぁ、そういう奴のブログなんでねcoldsweats01

|

« Machinery Heaven Vol.6 出演決定、みたいな・・・。 | トップページ | 言葉は真実を縁取る輪郭線 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224355/47373741

この記事へのトラックバック一覧です: コロッケ玉子そば:

« Machinery Heaven Vol.6 出演決定、みたいな・・・。 | トップページ | 言葉は真実を縁取る輪郭線 »