« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

Thomas Dolby

Henry2_2

80年代、ハワード・ジョーンズとかと同時期に流行ったアーティスト、トーマス・ドルビー。
わりとマジメな感じのハワード・ジョーンズと対照的に、まさに「奇才」な感じのキーボーダー。
坂本龍一との競作「Field Work」も流行ってたので、結構ご存じの方も多いかも。

1985年のグラミー賞受賞の時の映像では、バッハやヘンデルみたいな格好して、TR-606(TB-303ではなく)をショルダーに改造したのを装備して、他の受賞者(スティービー・ワンダー、ハワード・ジョーンズ、ハービー・ハンコックと判明)とパフォーマンスしてたを覚えてます。

※ TR-606や808は、パッドが無く、リアルタイム演奏出来るような代物ではないし、第一シールド繋がってなかったと思うので、完全に飾りですねw。

一時期、完全に活動停止(?)してて、CDの入手すら困難になってたのだけど・・・。

最近、活動を再開(?)したみたいで、リマスタリングのCDとかも続々と発売されてた。
特に、The Golden Age Of WirelessのリマスタリングCDは、ボーナストラックも多数入ってる上、付属のDVDが「Live Wireless」という題名で販売されてたレーザーディスクの内容そのまんまらしく、とてもお得。

Live Wirelessは、映写技師に扮したThomas Dolbyが、ライブ映像を映画館で上映するという演出になっていて、途中、曲の真ん中でフィルムが切れて、あわててフィルムを繋いで映写を続行する等のギミックもあったり、結構凝った作りになっていて、大好きだったりする。
レーザーディスクで持ってるんですが、LDプレーヤーが既に調子悪くて、DVDで入手したいなぁと思ってた私としては、速攻でAmazonでクリックしてしまいました。

Flat Earthは、自筆のライナーノートが付いてるみたいで、それによると、彼のHyperactiveというヒット曲は、元々マイケル・ジャクソンに提供するために書いた曲らしく、スケジュールの都合とか色々あったため、結局自分で歌ってリリースしたものらしい。
そう言われてみると、なるほど、マイケルジャクソンが歌っても合いそうな曲だ。
是非、マイケルジャクソンが歌ってるのも聴いてみたかった。

Singular Thomas Dolbyは、全て新リマスタリングのベスト盤なんだけど、これの付属DVDは、ヒット曲のビデオクリップやライブ映像が大量に収録されてて、それだけでもかなり楽しめる。
Thomas Dolbyのビデオクリップは、かなり凝った作りのものが多いので、これもまたお得でした。

Thomas Dolbyがヒットした頃って、まだレコードがメインで、CDは、まだ出始めの頃だったと思うので、マスタリングが雑・・・というか、サンレコの記事で読んだ話では、当時は「CDは音が良く、ダイナミックレンジも広いので、マスタリングは不要」みたいな考え方があったらしくて、マスタリング無しでそのままデジタル化して突っ込んだみたいな作り方を平気でしてたらしいので、こういうリマスタリング版CDを出してもらえるのは、とても嬉しい。

・・・のだが、金かかって仕方がないsweat01

ちなみに、以前紹介したような気もするけど、こっちは再発ではなくて、最近のライブの模様。
スイッチ一つで高さが変わって、立奏用と座奏用に対応出来る特注キーボードスタンドの自慢とかしていて、相変わらず奇才・・・ちゅうか、マッドサイエンティスト的な感じが観れます。


Thomas DolbyのPVやライブ映像は、YouTubeに、オフィシャルでアップされてるので、興味があったら検索してみてくださ。
(オフィシャルだからか、埋め込みコードが禁止されてるのが多くて、紹介出来ないんで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月29日 (水)

うにゅにゅにゅにゅにゅ−。

「けいおん!!」も「ゲゲゲの女房」も終わってしまった。
・・・私はこの先、何を楽しみに生きていけば良いのか・・・。




・・・・仕事しろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月27日 (月)

しっかし、風邪、治らんなぁ。

今日のおかずは、カボチャのきんぴら蜂蜜入り。
7EDA5230-DAF9-4F5A-9B46-FB3B6B7177FF
茹でたりふかしたりしたカボチャが、あまり好きでないので、最近、炒め系のカボチャ料理に凝ってます。
ハローウィーン生まれなので・・・?

それにしても、少し持ち直したかと思うと、また悪化する。
今回の風邪、かなり、しんどいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

novation UltraNova

novationの久々のシンセサイザー新製品。
こ、これは欲しいぞ!

かねて愛用のxio25に、あと、これがあったらいいんだけどな、と思っていた機能が、ほぼ追加されてる。

その機能というのは・・・。

  1. 音色エディタが欲しい。(xioには、無い)
  2. 鍵盤、3オクターブ欲しい。(xioは、25鍵と49鍵しかない)
  3. オーディオインターフェース部のアウトチャンネルは、4アウト(ステレオ2系統)欲しい。
    ※2系統あれば、キーボードとしての出力と、バックトラックの出力を分けてPAに送れるので、これとPCあれば全部まかなえる。
  4. ボコーダー、欲しい。
  5. フィジカルコントローラー機能については、novationお得意のAUTO-MAPに対応してほしい。
  6. MIDI-INも欲しい。(X-Stationにはあったのだけど、xioでは省略された)

シンセとしての機能については、xioやX-Stationで満足してるんで、ライブ用キーボードとして私の欲しかった機能が、ほぼ全部満たされたUltraNoca、すっげー欲しい。

液晶の表示画面も横長になって、つまみが現在何のパラメータになってるかを表示出来るようになったので、Auto-Map対応と相まって、フィジカルコントローラーとしての使い勝手も、かなり向上が期待出来るかな。

まぁ、残念な点としては・・・

  1. ジョイスティック止めて、ホイールにしちゃった。
  2. タッチパッド、省略されちゃった。
  3. マイクプリアンプは省略、ライン入力のみになった。

最初の2点はとても残念なんだが、とりあえず、そんなに大きな問題でもない。
3点目は、もしかしたら、ボコーダー用のグースネックマイク入力部が、プリアンプ付きオーディオ入力としても機能するのかもしれないな、と思うが、現時点では不明。

未知の機能としては、スイッチ群がタッチスイッチにもなってて、触れただけでパラメータをセッティングしておいた量に変化させられるという「Touch Sens Performance」という機能(?)。

とりあえず、お金ためなきゃだわ。


続きを読む "novation UltraNova"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

旧い友人を追悼・・・

先日、急逝した旧い友人の追悼に、何か企画しようというのもあったのだが、前述の通り、自分が、まぁ、たいしたこっちゃないけど、臥せってしまいまして・・・・。
もすこし回復したら、何か企画しますんで、関係者の方々、その節はよろしくお願い致します。

(と、さっき、ガラガラな声で、咳にむぜびながら、そんな内容の電話を友人にして、かえって心配された私でした・・・。いや、あんたの方が、よっぽど心配だぞ。私は近所で、せいぜい3番目以降だw)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しかし、風邪、治らんなぁ。

2、3日前から、咳が出て喉痛くて、体だるくて、節々が痛くて、めまい、立ちくらみが激しくて、でも、熱だけは無いという状況が続いていて・・・・。
呼吸器系については、だんだん悪化してて、呼吸が苦しい感じだ。
横になると、苦しくて眠れんし・・・・。うーん。

週末は、色々出かける用事や、やりたいこととかがあったのだけど、ダメダメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

眠れない夜に・・・

どのようにしたら、眠れるか・・・という記事を色々と読んでいたら、朝になったナウgood

ちなみに、Twitterで、つぶやかんのか、と、ここの所、数名から言われたのだけど・・・。
勝手がわからないので、とりあえずアカウント作って、幾人かフォローさせていただいてみましたが、どうも、私には怖くて、できましぇん。
不安定な時に、また、とんでもないことやら、ろくでもないことやらをつぶやいて、とんでもなく後悔してしまいそうで、怖いので・・・。

私には、ブログくらいが精一杯です。すんません。
(それすら、更新出来てないんだけどね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月15日 (水)

なぜ、TECHNOPOLISにしなかったんだ?

明らかに「トキオ」にひっかけて「ポッキーを」にしてるのに、なぜ、わざわざRYDEENにしたのだ?

と、思ったのは、やはり私だけではなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »