« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

マイケルジャクソンのBEHINED THE MASK

おぉぉ、ついに実物が聴けるんだぁ!

http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/sponichi-kfuln20101130006009/1.htm

マイケルジャクソンが、坂本龍一のBEHINED THE MASKをカヴァーしようとしてたのは、けっこう有名な話なのだけど、実際にレコーディングされたものが残っていたとは。
楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お茶会?

米国では、ティーパーティーがどうのと騒いでるみたいですが、もし、ああいう人たちが、政権与党の多数派になったとしたら・・・って、日本では、すでにそういう皆様が、政権とってらっしゃるのでね。

米国の皆様には、とても参考にしていただけるんではないかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月28日 (日)

ペット税導入?

Web_2


国民の健康のためとか称してたが、明らかに税収アップをもくろんで、たばこ税を増税したしなぁ。

多分、これからは、安易な離婚を防ぐための結婚税、駅前の不法駐輪を防ぐための自転車税、炭酸ガス排出を減らすため、劇場やライブハウスのスモーク税、電車の中での騒音を防ぐための、オープンエアー型ヘッドフォン税、付近住民の日照のさまたげになるのを防ぐためのビル税、国民の視力を守るためのブラウン管型テレビ税、国民の足のねんざを防ぐためのハイヒール税、不良を減らすための金髪・パンチパーマ・アイロン税、引きこもり対策として、おたく税、萌え税等々の検討が行われるものと思われる。

・・・なんか、モンティパイソンのネタにあったな、こういうの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

Macbook Proのハードディスク交換を決意

名古屋行き準備の一環として、Macbook Pro 2.4GHzの内蔵ハードディスク交換を決意。
色々検討した結果、WestanDigital の 750GB、5400RPMに決定、例によって、Amazonで注文した。

現在搭載されてる内蔵200GBでは、容量を食う音楽用途のマシンでは全く足りず、外付けストレージが必須状態だったので、スタジオ行くにも何にも、ずっと外付け1TBの外部ハードディスクを持ち歩いており、これでは荷物は増えるわ、使い勝手は悪いわ・・・。

ただ、私のは、現在のユニボディになる直前のやつなんで、本体をばらけないとハードディスクが交換出来ない。で、まぁ、面倒だし、保証効かなくなるしで我慢してたのだけど、ぼちぼちSofmapの延長保証も切れるので、荷物を減らすためにも、重い腰を上げてみた。

実はちょっと前に、500GB、7200RPMのものを、載せ替えようと買っておいたのだけど、外部ケースに入れて環境移行してたら、かなりの発熱量だったために内蔵を保留した。なので、今回は、発熱量が少ないことを期待して、回転数はあえて遅いのにしてみた。

と、いうことで、明日届き次第、換装作業の予定です。
気が向いたら、レポートするかもしれないし、しないかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

今、聴き返してみると・・・

岩崎工氏のソロアルバム「Meat the Beat」と「Flagment of Time」、大好きで、ほんと、何度も聴き返してたなぁ。特に、下の2曲が、大好きだった。

レコード、無くしてしまったので、今は持っていないのだけど、YouTubeで見つけた。

Filmsのキーボーダーとして有名な岩崎工なのだけど、私はFilms自体は好きでなかったりする。

でも、ドラムもこれまた大好きな鈴木さえ子だったり、ある意味でオールスターバンドだったなぁ。 ※間違い。鈴木さえ子は、シネマ、だった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

バンドつくったー

というのをやってみたのだが・・・。

Ma”のバックはg『スティーブ・クロッパー、keyブッカー・T・ジョーンズ、bミック・カーン、ds森高千里です。 http://shindanmaker.com/1640 twitband

ミック・カーンがベースって・・・すごい。・・・完全に、バックに負けとるw。
というか、私のパートは、どこなのだ? まさか、森高千里を差し置いて、ボーカル?

うちの相方でもやってみた。

ROMYのバックはg『アート・リンゼイ、keyアリシア・キーズ、bラリー・グラハム、dsラーズ・ウルリッヒです。 http://shindanmaker.com/1640 twitband

アートリンゼイがGって、いーなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

Vulkanian Medium 西へ

Vulkanianmedium

現在、活動「ほぼ」休止中のVulkanian Medium(ヴァルカニアン・メディウム)ですが、このたび、尾張の国のイベントにお誘い頂きまして、出演させていただけることになりました。

名古屋『 Fethica* 』
日時:2010年12月19日(日)12:00~18:00
場所:club JB'S(名古屋)

詳細については、下記をご覧下さい。

■□mixiコミュ■□
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4803186

・・・って言われても、私もそうなんすが、mixiのID持ってない人は、どーすればいいんぢゃ?

ということで、ちょっと人に頼んで、上記からイベント紹介文をコピって来てもらいました。
(主催者の方、すんません、転載させて頂きます)

続きを読む "Vulkanian Medium 西へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

Mauris Ravel の Bolero

有名なバレエ音楽なので、 聴いたことがある人も多いと思うけど、ラヴェルのボレロ。
(アニメの銀河英雄伝説でも、BGMとして多用されていた)

この曲は、同じリズムで同じメロディ(2種類)が延々繰り返されて行くのだけど、最初、フルートだけから始まって、アレンジの変化だけで約15分間持たせてしまうという、アレンジャーにとっては、お手本のような曲。

私の場合も、中学生の時に初めてこの曲に出会ってから、何度となく聴き返してる曲だ。

以前、NHK・・・だったかな? 海外制作の番組で、この曲について、オーケストラのメンバーにインタビューしていく、コメディタッチのドキュメンタリーを放送してたのだけど・・・。

それによると、この曲を演奏するのは、冒頭のソロを奏でるフルート奏者にとっては、ものすごい恐怖らしい。
確かに冒頭でミスったら、そりゃもう、やたらと目立って、取り返しがつかないわけで。
(しかも、最初のテーマを演奏した後は、後述のスネアと同じリズムを、けっこう長いこと刻まなければならない)

その他のパートの奏者にとっても、かなり大変な曲なのだけど(大太鼓とシンバルは、最後の数小節まで出番が無いので、ヒマでしょうがない、みたいなことを言ってたけどw)

でも、スネアドラム奏者にとってはもっとも恐怖な曲なわけだ。最初から最後まで、同じリズムを同じスピードで、15分間にわたって正確にたたき続けなければならない。

Youtubeで検索してたら、そんな、ボレロを演奏するスネアドラム奏者にスポットをあてた短編映画らしきものを見付けた。

スネアドラム奏者の表情の変化が、無茶面白いw。
この曲は、静かに始まって、後半部に向かって緩やかにクレシェンドしていくので、スネア奏者もだんだん力が入ってくるし、だんだん苦しくなってくるのが、表情の演技のみで痛いほど伝わってくるw
さすがに、アレンジは大分短縮版になってるけど、でも、さいごの方の苦しそうな表情見てると、演奏終わった後、マジで惜しみない拍手を送りたくなっちゃいますよね。

しかし、これ、どこの映画なんだろ。結構マニアックな題材だよね。

それにしても、ほんと、何度聴いても、ラヴェルは凄い。
ラヴェルにしても、ドビュッシーにしても、この頃の、特にフランスの音楽家の音使いって、ものすごく色彩が豊かで、美しいと思う。

この曲は、たった2つの短いメロディと、同じリズムの繰り返しだけでも、アレンジの施し方によって、ストーリーを作り、ダイナミックな流れを演出出来るのだと、私に最初に教えてくれた曲だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »