« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

歌と音程とリズム

歌が下手なボーカリストほど、「表現」がどうのとかに逃げる傾向が強いように思う。
大体の場合、それは単なる言い訳なのだが。

確かに歌の上手い下手は、音程リズムだけで決まるわけでは、必ずしも無いんだが・・・。
むしろ、音程やリズムなんて、合ってて当然。その上で、どのような解釈をし、自分の声、キャラクター、特性を踏まえて、どのように表現を行うか、が、問われるのだと、私は思っている。

そもそも、音程、リズムを正しく歌うなんぞ、訓練で何とでもなるのだ。
単に練習すれば出来ること、それずら出来ないのに、表現力だけで聴かそうなんてのは、ほとんどの場合、怠慢の言い訳でしかない。

だって、技術が無くて思ったように自分の歌をコントロール出来ず、音程もリズムも合わない方が、歌として良いとか力があるとか、そんな理屈、ありますかね?
もちろん、天才なら話は別だし、何事も結果次第なので、否定はしませんが、わざわざ狙うべきことなのかどうか・・・。

まぁ、ヘタに技術ばっかり磨いても、センスが無い人だと平凡で面白みのない歌を歌うようになったり、「誰か」みたいなスタイルになっちゃったりという弊害は確かにあるんですけどね・・・。いや、だからこそ、その上で、どうするか、どうできるかが問われるでないのかな。

他の楽器では、議論になることもない初歩的な話なのだが、こと相手がボーカリストで、特に技術的に問題がある人の場合、なぜかこういうアホくさい議論がついてまわるのが少々不思議で仕方がない。
(上手いボーカリストも「似た」ことは言う場合があるけど、それはそもそも、意味が違う)
歌は特別だとか、自分は特別だという、なんか間違った意識を持った勘違いな人が、けっこう居るような気がします。

ごく希にだけど、音程どうこう、リズムどうこうを超えた、圧倒的な表現力で黙らされてしまうような奴というのは、これまた確かに存在するから始末に負えないのだけど。

実際、そういう一種の天才が過去に身近にいた。もう死んじゃったけどね・・・。ただ彼の場合は、12音階で割れない音程を感性で選んでしまったり、リズム割りがどうなってんだか理解不能なんだけど妙に面白いドラムパターンを作ってしまったりという、ある種「特殊」な感性を持ってたのであって、決して技術的に未熟だったわけではなかったのだ。

ただ、そういう希有な例は、本当に希有なのであって、目指してどうなるものでもないし、まねても参考にしても、なかなかそう簡単に成立しないものなのだ。

あと・・・・これまた本当に希有な例だけど、こういう天才も存在するのねw。




音痴も極めれば技w。まぁ、歌が専門の人じゃないから良いのだけど、こういう、何度も使えない必殺技って、あるんだよね。
ほんと、これ、面白いなぁ。まるっきり、再作曲しちゃってる(爆。

って、とりあえず、気分転換に一番軽い話を書いてたつもりが、読み返してみると、なんかきっつい話になってる気が・・・・。

あ、誤解されるといけないので、一応補足。

ボーカルの音程が合ってるのどうのってのは、歌の音程の全てが12音階に即して正確に合ってるとかいう意味ではない。ラインとして正しく一定範囲に収まってるかどうか、また、そのメロの中で、絶対に外してはいけないツボのところが合っているかどうか、なのである。要は、全体を気持ちよく聴けるライン、または最低限、その許容範囲内で歌えてるかどうか、なのだ。

いや、本気で全部が論理値として合ってないといけないなんつうたら、理想の歌手は初音ミクになっちまうし、Perfumeのボコーダー的処理だって、そういう部分を踏まえて音程を操作し、打ち込んでる所が巧みなのだし。・・・これを、そこがわかってない奴が同じように打ち込むと、クロマチックに不自然に正確な音程で作って、気持ち悪く不快なだけのものになるんだな、これが。

私も、そこまで杓子定規で原理主義的な音楽のとらえ方、してませんからねw。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

風邪で寝込んでる今日この頃。

なんか、どうにも良くも悪くもならん硬直状態のまま、今日に至る。

熱は平熱なので、咳と鼻水が酷くて喉が腫れてて肺が痛くて体がだるくて頭がまわってなくて、あと関係無いけど突発性難聴の後遺症の耳鳴りが、呼吸器系が調子良くないせいか通常よりやや耳障りなのと、気温の変動が激しいせいか例によって左足首が痛くて歩くのが難儀なのを除けば、まぁ、普段通りではあるのだけど。

思ってることをわりと考え無しに言ってしまうとか理不尽な扱いについては長く根に持つとか猫眼の女恐怖症とか基本的にやる気がないとかそんなような人格的問題は多々抱えてるがそれはまぁ申し訳ございませんが仕様ですので保証対象外ですがお困りでしたら遠慮なくご相談下さいお客様要望としてこちらから担当部署に責任を持ってたらい回しに致します。

・・・という感じで、なんかワヤな状態で自分でもよくわからんとっちらかったボケしかできなくて・・・って、そもそもボケなくてええやんと一応ツッコミいれてみるが・・・さっぱりまとまらん。

とりあえず色々と楽しいことやら考えさせられることもあったので書きたいなと思ってることも色々あるのだけど、そんなわけで、もうちょっと寝て過ごします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月26日 (木)

FAW circle、思わず注文してしまった。

以前から気になっていた、FAW circleというソフトシンセ、日本代理店のメディアインテグレーションのホームページ見たら、期間限定で63% OFF、\9,870-という、とんでもない値引きキャンペーンしてたので、思わず注文してもーた。

ソフト音源のシンセは、そりゃもう大量に所有し、使ってるのだけど、実在のアナログ機材を再現するという点では優れた物がけっこうあるのだが、一から音を創るというのには、インターフェース的にあまり使いやすいものが無かったもので、以前から、ちょっと気になってたのだ。

このシンセは、既存のノブのグラフィック的な再現とかしてないかわりに、ポップでグラフィカルなパネルデザインで、ひと目見れば、パラメータの状態がすぐわかるという、コンピューター画面上で使用するシンセサイザーのインターフェースとしては、とても実用的なもの。

パラメータを操作し、音を作り、エディットするということに関しては、いちばん使いやすいソフトシンセではなかろーか。

以前、試用したことがあるのだが、機能的にも過不足無くそろっているし、使いやすかった。(・・・ちょっと貧乏な時期だったので、その時はがまんしたのだが、結果的に良かったかもw)

少々難を言えば、どのモジュールが、どのモジュールにパッチングされているかが、ポチッとしたアイコンの色だけで示されるのだけど、私としては、これが少々とっさにわかりにくい気がして・・・・。出来れば、どのモジュレーターがどのソースに働いてるか、もうすこし信号の流れがグラフィカルに示されると良いのだけど・・・いやまぁ、そうすると、画面がごちゃごちゃして、かえってわかりにくくなるか・・・。

まぁ、とりあえず、ライセンスが届くのが楽しみだ。

・・・音楽活動は停止してるというのに、ついつい機材とソフトは増えていくsweat02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TECHNODON

7bb6a1909fa0f5d8e8d12210l

なんか、ここのところ、近現代クラシック各種とTECHNODONばっかり聴いてる。

YMOファンからも・・・・というか、YMOファンが一番、評価してないような所のあるアルバムではあるのだが、私は個人的に、BGM /テクノデリック の次に好きなアルバムだったりするのだな。

あと、出た時は、そんなに好きじゃなかったB-2 Unit とかも、最近よく聴いてるな。

B-2 Unitニウロマンティック ロマン神経症フィルハーモニーは、このお三方のソロアルバムでも、ちょっと特別な、あの頃特有の独特な香りと味わいの名盤だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月25日 (水)

うーん、目の前が、シマシマ-。

最近、眼の調子「も」悪い。
やたらと眼が疲れやすいのだ。

特に、コンピューターで、黒い背景に白い文字の文章を凝視すると、わりと短時間でも、視界に、強い光を見たあとの残像みたいなのが、けっこう強烈に、シマシマっと現れて、視界がオーロラ色の縞模様に覆われ、みえにくくなってしまう。

また、私の観るブログが、かなりの確率で黒地に白文字で、かなり長文打つ方揃いだったりするので・・・・・・・って、うちもやんっ!!

・・・いや、良く見たら、うちのはグレーがかった黒地に薄めのグレー文字だったw。これくらいのコントラストだと、けっこう大丈夫だな。

漆黒の背景で純白の文字だと、辛い・・・。うぅ。

眼の調子「も」悪い、というのは・・・今朝、眼を覚ましたら、久しぶりに思いっきり風邪をひいたっぽくて、現在、不調な部位だらけなんですよshock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月13日 (金)

iPhone4になりました。

やっと、とうとう、iPhone4にしました。
ものすごーく、快適ですな。

Img_1627

Img_1626

今まで、iPhone3Gをだましだまし使ってたのが、何だったのかと思うくらい。

Img_1628

これはこれで、電話として使えなくなっただけで、あとは今まで通り使えるので、部屋でiPod&Skypeフォン&緊急地震速報受信機として活用されてるw。
(そうそう、iPhone4側では、なぜか、ゆれくるコールが正常に通知してくれないので、色々試してるのだけど・・・)

店頭で売り切れてたApple純正バンパーもAppleストアから届いたので、装着。

Img_1625

うん、クラムシェルの頃のiBookタンジェリンみたいで、良い。

よかったよかった。

まぁ、電話としてのメインは、結局未だにこれなのだけど。

Img_1630

だれとでも定額導入以降、電話代が目を見張るほど安くなったしね。
適用時間の限られてるソフトバンクの「ただ友」とは、大違い。
やっぱ、電話するならWillcomでしょーw。

ちなみに私の電話機、オレンジとかが多いのは、部屋の中とかでその辺に置いた時に、目立ってわかりやすいようにするため。
シルバーとか黒とか暗色系だと、部屋の光景に埋没してしまうんで、とっさに探しにくいのでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »