« RADIO ACTIVITY | トップページ | チャパティ焼き職人を目指す日々 »

2011年7月 5日 (火)

理性的な話し合いの限界

私は、基本的に理不尽な話というのが、嫌いだ。
何事も理性的かつ論理的に、筋を通すべきだと思っている。

が・・・・。

理性的かつ論理的に話しが出来ない奴が相手の場合には、もう、どうしようもない。

嘘ばっかりついて、自分の都合でデータを改竄し、詭弁を繰り返し、メディアに手をまわして嘘の論理を洗脳のように繰り返し放送させるような輩が相手を駆逐する場合、話し合いなどする価値もないし、意見を聞く意義もない。

ということで、私個人のスタンスとしては・・・。

原子力なんぞ、未だに推進しようとしてる原子力村とかいうのに生息する奴らと、それに荷担する人間については、十把一絡げに、「ゴキブリ、ダニ、アブラムシ、ウジ虫、またはそれらに類するもの、あるいはそれ以下の存在」と、これからは考えることにした。

あいつらを排除するには、ほんと、まともに話なんぞ聞いていても仕方がないぞ。
基本的に、自分の利益のためなら、国民がどんだけ死んでも関係ないという人々だから。
もう、彼らに関しては、非論理的でドラスティックで感情的な差別意識を持って、対処すべきだと思う。
理性的で論理的な話なんぞ、相手が嘘で塗り固めてくる以上、成立しないのだから。
もう、感情的に排除していくしかない。

論理的な仮定としての「安全でクリーンなエネルギーとしての原子力」なんぞ、嘘で塗り固められた虚構だったことは、わかった筈だ。

日本国民は、もっと核アレルギー、原発アレルギーになって、良いと思うぞ。
拒否反応を示して良い筈だ。

原子力が、「本当は」もっと安全に運用可能かどうか、なんぞ、もはや意味のない議論だ。
日本は、「現実として」、原子力を「安全に」運用することなんぞ、こっけいなくらい、まともに出来てなかったのだから。
しかも、そんな状態で、「今まで通り」やってこうとしている勢力が、確実に、存在しているわけで。もう、「原子力村」なんて牧歌的な名称をやめるべきだろう。奴らには、「原子力マフィア」「原子力やくざ」「原子力ウジ虫」程度の呼称が適切だと言えよう。

本当に、とんでもない嘘つきが揃ってるもんだ。人間というのは、ここまで浅ましく、クズで、利己的になれるのかと、本当に感動するくらい、クズが揃ってる。

原子力に夢や可能性を信じ、純粋にそれらに取り組む科学者、技術者には、本当に申し訳ないとは思うのだが・・・そういう方々は、まず、周りに群がるウジ虫どもを、自ら駆逐すべきだと思う。

そうでないと、まともな話にはならんよ。永遠に。

そんな意味も含めて・・・かどうかは知らないけど・・・・。

私が個人的に、同世代を代表する、金勘定しか出来ないクズ野郎と思っている、某●天のだれかさんが、経団連を脱退したのは、とても大きな意義があると思う。

あの業突張りの単細胞の守銭奴ですら、そういう判断をするということは、つまり、現在の現場レベル世代では、「脱原発」は、トレンドになりつつあると考えて良いと思うから。

まぁ、私らの世代は、いわゆる「団塊の世代」に煮え湯を飲まされ続けてきた世代だから、下克上を狙ってるだけなのかもしれんけどね。

でも、損得で言って、「脱原発」の方に「得」があると、あの人一倍、金勘定しか考えてない男が判断するのだから、結構希望がもてるのではないかと、まじめに思う。

いいんでないかね。ブームでもトレンドでも世のながれでもアレルギーでも売名行為でも。
今回ばかりは、勘違いでも何でも、手段は問わず、原発推進派なんぞは、潰しとくべきものだと思う。

大体、日本という国は、「世界一の地熱発電の技術」を持っていながら、その許認可権を「原子力安全保安院」が持っているという、わけのわかんない構造の結果、原子力のみが推進されてきたという、クソみたいな現実を、どう考えるね。ほんと。

そもそも論理的に考えて、現在の状況で、原発を動かし続け、まして、増やしていく材料なんて、本当に絶対に全く無いと断言出来るのだから。

|

« RADIO ACTIVITY | トップページ | チャパティ焼き職人を目指す日々 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224355/52124753

この記事へのトラックバック一覧です: 理性的な話し合いの限界:

« RADIO ACTIVITY | トップページ | チャパティ焼き職人を目指す日々 »