« 東京大停電 | トップページ | それにしても、あちこち調子が悪いせいで、頭が働かないのが、一番困る。 »

2011年7月15日 (金)

音が苦

何難聴なんだか、ちゃんと告知されてないんで、今回の症状が何という病名になるのかがわからんのだけど、とりあえず、新たに発症した右耳の難聴が、辛い。

左耳は、回復傾向にあるので、若干聞き取りづらい程度で済んでるのだけど、右耳は、妙な閉塞感と、中低域の音が耳に入った際の、ハムノイズのような耳鳴りと、脳が振動するような不快感がなくならない。
あと、やはり平衡感覚がやや頼りない感じで、ふらふらする程ではないけど、すごくバランスを崩しやすい。

もともと、つい数週間前に発病した時も含め、これまで難聴の症状が出てたのは全て左耳ばかりだったもので、人の話を聞くとき、ついつい現状では、より聞こえにくい右耳の方を向けてしまって、あ、間違えた、と、左耳を向け直すってのを、何度もやってしまってる。

しかし、ほんとにアデホスメチコバールの投与だけで、「そのうち回復」するのか?
なんか、月曜に診察受けてからも、良くなった感じがしない、っっちゅうか、悪化してる気がするのだが。
以前、薬剤師に「サプリメントみたいなものですから」って言われたんだけどね。この2つの薬って。
ステロイド剤は必要ないでしょ、ってことで、今回の右耳の発病に関しては処方されなかったんだけど、心配になってくる。
その医師の言うには・・・ステロイド剤は突発性難聴の薬→突発性難聴は、そんな何度も再発しない→よって、これは突発性難聴ではない→だから必要ない・・・ちゅうことのようなのだけど。

確かに、月曜に検査受けた時、聴力検査の値的には、さほど悪くなかったのかもしれないんだけど・・・。

あの月曜に診察受けた医師も、耳鳴りのこと言ったら、ちょっと嫌な顔したな。
どうしてこう、耳鼻科医ってのは、耳鳴りについては無視したがる奴が多いんだ?
耳鳴りってのは、耳鼻咽喉科の分野じゃないのかね。
治せないものだから、無視って感じなんだが。
まぁ、医師にもよるんだけど、耳鼻科専門の総合病院と称してる所ですら、そんな医師がいるんだな。

どうも、今回、左耳が発病して病院に行った初日に診察してくれた医師は、調べてみたら、あそこの医局長だったらしい。
あの先生の診察は、さすがに専門的で安心感があったのだけど・・・・。

ほんと、特に神経系がからむ分野の医療って、思ってるほど、進んでいない気がする。

次の診察は2週間後とか言われたんだが、今日、もう一度、行ってみるか。
でも、今日は医局長、外来に出てないみたいだな・・・・。
・・・とりあえずセカンドオピニオンで他の病院に行ってみるべきか・・・。

|

« 東京大停電 | トップページ | それにしても、あちこち調子が悪いせいで、頭が働かないのが、一番困る。 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

難聴日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224355/52210759

この記事へのトラックバック一覧です: 音が苦:

» 難聴でお困りの方へ [難聴でお困りの方へ]
難聴について書いてみました。これからもどんどん書いていくのでよかったら見てください。 [続きを読む]

受信: 2011年7月15日 (金) 23時39分

« 東京大停電 | トップページ | それにしても、あちこち調子が悪いせいで、頭が働かないのが、一番困る。 »