« チリ・コン・カーン | トップページ | 突然Macが体調不良 »

2011年8月26日 (金)

KORG microSTATION

発売になった時から、買おうかどうしようか迷っていた、これ。

KORG microSTATION

1314346657444.jpg

中古で出物があったので、ポチってしまいました。

ミニ鍵盤で、幅80cm弱なのに、5オクターブの鍵盤が収まっているという点「のみ」が欲しかった理由なので、そんだけのために買うには少々高価なので、これまで見送っていたのだ。

内蔵されてる音源や機能については正直、どうでも良かったので、このサイズでこのスペックのmidiコントローラーが、もう少し安い価格で出てくれれば、その方が良かったのだけど、どうもそういうものは出なさそうだったものでね。

まぁ、一応、音源としても試してはみたのだけど・・・・。まぁ、こんなもんでしょ。
KORGにしてもROLANDにしても、廉価機の音の薄っぺらさは、仕方が無いこと。
特に、D/Aと出力部のアナログ部分が粗悪なためかな。
やはり、USBだけつないで、制作用及び、(今後再びそういう機会があるかどうかは疑問なのだが)ライブ用のキーボードコントローラーのサブとして使用することになるだろう。
現状、ライブでも、Logic付属のMainStageで、ほとんどソフト音源を使ってるのだし。

MainStageというのは、DAWからシーケンス関係の機能を省略し、ライブに必要な機能をブラッシュアップしたようなホストアプリケーションなんだけど、ものすごーく良く出来ているので、しっかりセッティングを作ると、ほんと、下手なハードシンセなんぞより、よっぽど自由度の高いライブシステムが組めるのだ。

特に、MainStage2になってからは、ボーカルやGuitar等の、オーディオ外部入力までトータルでセッティングを組めるし、DAWではないので動作も軽くて安定させやすいし、シーケンスではないけどバックトラック用のオーディオファイルの再生も出来るし、それに対してクロック同期まで出来る(これは、ソフトシンセのオートアルペジオやモジュレーションのBPMシンクロに不可欠)ので、もはや、これ無しでライブとか考えられない私だったりする。

microSTATIONから音源を省略して、2in4outくらいのオーディオI/Oを内蔵し、フィジカルコントローラーの機能を充実させ、音源部分はソフトウェアで付けて、コンピューターと連携で完成する機種なんて、それなりに売れそうな気がするのだけどな。
ArturiaのAnalog Experienceシリーズとか、AkaiのSynth Stationなんかは、そういう感じのコンセプトなわけで。

ただ、Arturiaは、オーディオI/Oが別途必要だし、Akaiのは、あまりに鍵盤がちゃちいのだけど。

というか、novation の SL mk2シリーズに、Novation  nio2|4 を内蔵したバージョンが出てくれれば、私的には理想なのだけど、novationさん、考えてくれませんかねw。

|

« チリ・コン・カーン | トップページ | 突然Macが体調不良 »

音楽機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224355/52572252

この記事へのトラックバック一覧です: KORG microSTATION:

« チリ・コン・カーン | トップページ | 突然Macが体調不良 »