« なんともワイルドなキクラゲ | トップページ | 真摯さの欠如 »

2011年8月17日 (水)

トゥットルー

というわけで、9時間かけて、録りだめていた「シュタインズ・ゲート」を、まとめて観てた。


これ・・・・すっごいな。

一応これでも、SFについては千冊は下らないくらいは読んでいる筈な私ですが・・・。

タイムマシンテーマというのは、SFでも、ちゃんとやったら、かなり難しい部類だと思う。
特に、タイムパラドックスそのものをテーマに描くというのは、まともにやると、相当大変なものだと思う。・・・しかも、どうしても地味に難しくなりがちだし。

で、シュタインズ・ゲート、そうとう真っ向から、これに挑んでる。
タイム・パラドックスを、それはもう丁寧に丹念に、じっくりと描いている。

多少、エンターテイメントとしてのストーリー上の妥協らしきものはあれど(ってか、それはほんとに必要なことだと思うし)、これは、本当に凄いと思う。

タイムマシン・テーマって、ほんと、エンターテイメントだと、ドラえもんレベル、バック・トゥ・ザ・フューチャー程度のものが多いわけなのだけど、このアニメ、実にまともに丹念に、このテーマに挑んでいる。・・・で、しかも、面白い。

しっかりと、仕掛けの部分で勝負し、その上で、ストーリーも描ききるというのは、ちゃんとしたSFとして当然のことだと思ってるのだけど、アニメでそれをやりきれてる作品って、ほんとに少ないと思う。・・・・というか、最近ではSF小説でも怪しいわけなんだが。

宇宙船やらタイムマシンやらそれらしいガジェットを出せば、SFになると思ったら大間違いなわけでね。出した設定を、きちんと説明し、納得させ、着地させられるだけの密度で描けなければ、それはSFではなくて、単なる子供だましの馬鹿話に堕してしまうわけで・・・って、まあ、そのあたりについては、長くなるので、そのうちあらためてということで・・・。

そういうわけで、ものすごく、志の高い作品だと思うな。
まだ、話が完結していないアニメなので、続きが楽しみだ。

|

« なんともワイルドなキクラゲ | トップページ | 真摯さの欠如 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224355/52495288

この記事へのトラックバック一覧です: トゥットルー:

« なんともワイルドなキクラゲ | トップページ | 真摯さの欠如 »