« 「食前」って、むずかしいな。 | トップページ | 良くなったり悪くなったりを行ったり来たり漂ってる感じなのですな。 »

2011年9月27日 (火)

うっかり間違った。

いや、以前にもかいたのだけど、このブログ、非公開状態の記事で、メモやら覚え書きに使ってたりもする。

んで、先ほど、覚え書きのつもりでメモったやつを、うっかり公開してしまったw。
しかも、事実認識が間違ってたしw。

えと、うっかり読んだ方のために一応訂正しておきますが・・・・
「登石郁朗」という、非常に不適切な裁判官は、東京地裁の判事であって、最高裁判事ではありませんでした。

まぁ、日本の司法が腐って、もはや正常に機能していない、というのについては、あまり間違いではないと思ってますが。

つまり、「客観的な証拠なんぞ無くても、状況証拠だけでも、裁判官の主観で疑わしければ罰しても良い」という、近代的な裁判制度の根幹を揺るがすような、あまりに画期的で目を疑うような判決を平気で書いた裁判官がいるという事実については変更無し。
ただ、ちと、所属を間違えてました。

・・・と、一応訂正。
さっきのメモは、削除してしまいますの。

あ・・・これが、私が憤ってる件の関連記事。

【陸山会事件】検察リーク 「裁判所が不採用にした調書の内容まで報道された」

・・・こんなもの、もはや、裁判ではない。リンチだ。

金まみれの政治家がどうこうといった寝言のような意見も見かけたが、そういう問題ではない。

小沢がどうこうという問題ではない。それが政治家だろうがなんだろうが、「証拠のない事件」に対して有罪を出す裁判所なんぞ、どんだけ恐ろしいか、わからんのだろうか。裁判官が心証や世論に従って、気に入らない奴をどんどん有罪にして良い、と言ってるわけだぞ、奴は。

明日は、あなたが覚えのない事件で罪を着せられ、みんなが「俺は見てないし証拠もないけど、お前が怪しいから犯人に違いない」と言ったら、裁判官は証拠も何もないのに心証に従って有罪にして良い、という判決なのだ。

どんだけ恐ろしいことか、よく考えた方が良い。

|

« 「食前」って、むずかしいな。 | トップページ | 良くなったり悪くなったりを行ったり来たり漂ってる感じなのですな。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224355/52841537

この記事へのトラックバック一覧です: うっかり間違った。:

« 「食前」って、むずかしいな。 | トップページ | 良くなったり悪くなったりを行ったり来たり漂ってる感じなのですな。 »