« S&Bゴールデンカレー(辛口) | トップページ | 富士そば »

2011年9月 6日 (火)

ここはもとより鬼の棲家

表題は、最近読んでる「3月のライオン」という漫画の台詞で、この後、「火の玉みたいに傲慢で気の強い人間しかおらんのにな」と続くんです。

・・・なんか、ものすごく心に残る台詞なもので。
この漫画は、将棋の話なんすけど、なんとなく、インディーズのバンド界にも通づるものがあるような気がして。

さて、いきなり話は変わってw。

日記的にカレーの話を書いてて思ったわけなんすけど。

あの、よくある話なんですけど、キャンプとかで、誰それの「こだわりのカレー」を作るとか何とか、よくあるっしょ?

具材はこれで、こここだわって、これが無きゃダメで、これを隠し味にして、とか。

あのね、性分として、ふと油断すると際限なくこだわってしまう人間としては、そんなの、まぁ、ちゃんちゃらおかしい訳ですよ。

私なんぞは、私の友人・知人の一部に比べれば、かなり生やさしい方で、ヘタレに属する方だと思うんすけどね。

でもまぁ、なんか、本当にこだわってしまう人間って、ほんとにうっかりすると、生活が破綻するレベルでこだわってしまうわけなんです。

なもので、不要なものに、うっかり「こだわらない」ように注意してるわけで。

だって、「こだわりの」カレーちゅうたって、市販のルー使うわけでしょ?

そんなん、こだわってるうちに入らないでしょ?

・・・と、心の中で、せせら笑ってしまいます。

・・・・ちゅうのが、若き日の私の話w。

最近は、「そのくらいの塩梅が、また、良いんだよねー」と、本当に心の底から思って、微笑むことが出来るようになりましたw。
いや、ほんとに、そうなんです。
ちょっと人生が豊かに楽しくなる塩梅。
趣味なら、そんくらいが丁度良い。

「何かにこだわる」って、ほんと、度を過ごして本気になると、それが生業として成立しない限り、間違い無く生活破綻するような、修羅の道なんですよ。

だから、本筋以外には、うっかり「こだわらない」ように、気をつけてるんです。

ただ、何かを表現したいとか、自分の作ったもので人に認められたいと思うのなら、人生賭けてでも、とことん、こだわるべきだと思います。

・・・で、なるだけ、それで生活出来ると良いんですけどねw。

さて、また突然、話は元に戻りますが・・・・。
表現することにこだわる人たちの集まりなんて、「鬼の棲み家」なんですよ。
そんなところに居ることを許されるのは、何かしら、身の内に、「鬼」を飼ってる人々なんです。
ステージに出る度に、そこの鬼と渡り合い、鬼として認められ、鬼に居ることを許されなければ、いつかは食い殺されます。

なんせ相手は鬼ですから、理不尽な鬼も居ますな・・・ちゅうか、そんなんばっかりか。
でも、鬼なんですから、鬼として戦うしかありません。
鬼と認め合えない奴とは、共存すら出来ないわけなので。
うっかり迷い込んだ、鬼に憧れる気の優しい豚なんぞ、邪魔なだけなんです。

そこを勘違いしてはいけません。
「ここはもとより鬼の棲み家」ですので、観客以外には、優しくない世界です。
ステージという戦場に出るからには、最低条件として、未熟でも拙くても、「鬼」であることが要求されます。
例え、彼らの奏でる音楽が、どんなに優しさや慈愛に満ちあふれているものでも、奏でているのは、鬼に他ならないわけですな。

引き合いに出すのも恐れ多いのですが、先人の例を挙げると・・・・。
その昔、千利休という大変偉大な鬼がおられました。
このお方は、たった2畳の茶室というステージに、彼岸を描こうとした鬼です。
2畳の茶室に花を生け、額を飾り、時の最高権力者に茶を飲ませて、その美意識のみで圧倒し、終いには武士でもないのに切腹を命ぜられる。
どんなに理知的で穏やかで慈愛に満ちた世界を描こうと、これは常ならざる道。
鬼の辿る道以外の何者でもない。

で、またまた話は戻りますが、鬼は鬼として最善を尽くすべきで、その観点での気遣いや配慮は、あくまで鬼相手として考えるべきなのです。
鬼にとっては、鬼としての理想の成就が全てであり、その妨げになるような邪魔くさく甘ったるい配慮というのは、意味がわからないし、怒りを買うだけなんです。

だから、鬼の棲み家には、鬼以外は居られないし、居るべきではないんです。

・・・さて、話は尽きないわけなんですけど、もとより酔っ払いの戯言なので、そろそろ眠気の限界がやってまいりました。

今宵は、この辺にて失礼いたします。

|

« S&Bゴールデンカレー(辛口) | トップページ | 富士そば »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224355/52658998

この記事へのトラックバック一覧です: ここはもとより鬼の棲家:

« S&Bゴールデンカレー(辛口) | トップページ | 富士そば »