« 易経というのは、わりと合理的な・・・ | トップページ | ニコライ堂 »

2011年11月16日 (水)

クリスマスケーキとAKB48

なんか、クリスマスケーキを買うとAKB48の限定グッズが当たるというキャンペーンをやるらしくて・・・。

で、1個に1枚、スペシャルCDが付いてくるというのはまだ良いのだが、これがまた、1つ買うと、くじ引きで、メンバーのポスターが各十枚当たるみたいなことをやるもんだから、「大量にケーキを買い込んで、捨てちゃうファンが出るのではないか」という話になっている。

まぁ、私はAKBについては、どうでも良い・・・というか、あることがあって以来、AKBファンというのについては、基本、嫌いなんだがね。

ただ・・・・篠田麻里子のか渡辺麻友のだったら、私もちょっとだけ欲しいかな・・・・。

前田敦子をセンターにするために、CDを一人で何十枚も何百枚も買っちゃうファンが大量にいるAKBのファン層なら、たしかにそういう事態は、十分に考えられるだろう。

まぁ、私が小さい頃にも、仮面ライダーカード欲しさにスナック菓子を大量買いして、食べずに捨てちゃうのが問題になってたんだけどね。

で、まぁ、一家に一つあれば事足りるクリスマスケーキで、こういうキャンペーンをやるっちゅうのが、そもそも間違ってると思うのだ。
だって、どう考えても、一人あたりで本来必要の無いほどの商品を売りつけようという意図がなければ、こういうキャンペーンを実行すること自体がおかしいわけだから。

CDとかならまだしも、自社の商品が、ともかく数売れれば良い、というのを、ケーキでやるというのは、いかがなものか。

せっかく作ったのに、客が食べようが捨てようが、売れさえすれば良いというのは、営業的にはともかく、作り手としてのプライドを捨て去ってるような気がして、とてもそんな奴らが作ったケーキは食べたくないと思うのだ。

渡辺麻友の、あの髪型は、実に反則だとは思うんだけど・・・・。

で、ふと考えたのだが・・・・。
ケーキやら食べ物といったものだと、そもそも消費財として消費期限も短いし、必要な分だけ、広く買って貰うというのが上限であって、本来、必要以上に売れてしまう、売ろうとする、というのが問題なわけだ。

いっそのこと、総選挙の投票権とか、限定グッズの引換券とか、くじの権利を付けて、「福島の復興債」とか、「アフリカに井戸を掘ったり木を植えたり学校を作ったりワクチンを供給する募金」とか、そういうものに、一口いくらで、一口あたり権利が1つ付けたら、どうなのだろう。
こういうんだったら、いくら売れても問題ないし、というか、どんどん売れてくれて良いわけで。

あ、あと、献血すると、200mlあたり限定グッズがランダムで1つ貰えるとか。
まぁ、これは1年あたり1200mlが上限なのだけどね・・・。
・・・あ、じゃあ、1200mlで、さらにスペシャルグッズが貰えるにすれば良いw。

そういうキャンペーンとかを張れば、あのグループというかプロジェクトのイメージも、さらにアップするし、そのファンに対する世間の目も、変わってくるんではないですかね。

そもそも、日本では募金とか献血とかが、仏教的な「浄財」的な感じにこだわりすぎなんではないかな、と思ってる所もありまして・・・。
別に、ボランティアでやっていただかなくてもいいわけで。
偽善は良くないんでしょうが、日本は、どうぜ偽善がはびこってるわけだし、実際に効果が上がるならば、多少のマージン取ったところで、問題無いんでは。
大体、もともとそういう募金や献血だって、それなりの金額をテレビコマーシャル等の周知活動に予算使ってるわけなんだしね。

アメリカでのチャリティーショーみたいに(24時間テレビとかは、だんだん勘違いなものになってるけど・・・)、多少、そういったお楽しみイベント的なものにしていっても、良いんではないですかね。

|

« 易経というのは、わりと合理的な・・・ | トップページ | ニコライ堂 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224355/53262803

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスケーキとAKB48:

« 易経というのは、わりと合理的な・・・ | トップページ | ニコライ堂 »