« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月 3日 (火)

聴音過敏?

前回の記事の後、色々調べてたら、この記事に当たりまして・・・・。

リンク: 忙しすぎて病んだ?15歳松井珠理奈 握手会後に「身体が動かなくなって…」 - 速報:@niftyニュース.

この記事で、「聴音過敏」という、私も聞いたことがなかった病名が出てきました。

記事によると・・・。

-------------------------------------------------------------------------
音などに対する感覚が過剰に働く「聴覚過敏」ではないか、という見方だった。一般的には強いストレスや疲労が原因で起こる症状で、回復するには最低でも 1~3か月ゆっくり休んで、本人の希望、生活環境、今後の人生の展望などについてゆっくりと話し合うことが大切ということだった。安定剤の服用やカウンセ リングも視野に入れる必要があるかもしれない
-------------------------------------------------------------------------

うーん、も、もしかして、私もこれか?

「ストレスや疲労が原因」ちゅうのも、先の記事で紹介した私の持病達の原因とされるものと共通するのだけど、私の場合、そもそも「耳が聞こえない」という、はっきりした症状があったので、耳鼻咽喉科に行ったわけなのだ。
ここで、インタビューしてるのは精神科医なので、違った側面からの診断(直接問診してないから、もちろん非公式な見解でしょうが)なわけだな。

ということは、同系統の病気でも、どの診療科に行くかで、解釈が分かれる可能性がある。

耳が聞こえない、なら、多分皆、迷わず耳鼻咽喉科に行くだろうが、「めまい」となると、普通は三半規管を疑うだろうから、耳鼻咽喉科に行くかもしれないし、でも、心因性をストレートに疑ったら、心療内科や精神科、神経科という選択肢もあるわけだ。

ま、このように、視覚とか聴覚とかの神経系の話となると、心因性なのか体の問題なのか、という区分すら、メカニズムがわかっていないだけに、実にはっきりしていないのが、難しいのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと心配・・・

この方が、どういう方なのか、正直、全く知らないのだけど。

SKE48松井珠理奈、体調不良は深刻…「大きな音を聴いたり、大きな話し声を聞くと気持ち悪くなってしまいます」

症状が、私と全く同じなので、人ごとながら、心配になってしまう。

私の場合、突発性難聴→低音障害型感音難聴→メニエール病なのだけど。
この方、大丈夫なのだろうか。
難聴とかは伴っていないのだろうか。

心因性なのか、体の機能的な問題なのか、というのは、この方面では、あまり意味が無い。

なにせ、上記に書いた病気、分野としては耳鼻咽喉科なのだけど、どれもメカニズムが解明されていない、難病指定の病気なのだ。
共通するのは、「激しいストレス状態にさらされている場合に、なりやすい」ということ。
でも、具体的に、どこがどうなって発生しているかは、ほぼ、わかっていない。

医学というのは日進月歩、進歩しているとお思いでしょうか、こと神経系の病気というのは、実はわかっていないことというのが、まだまだ非常に多いというのが、患ってみた感想なのだ。
実際、耳鳴りに関しては、治療法が全く無いと言っても過言ではないし、恒常的なめまいというのに関しても、メカニズムもほとんどわかっていないようだ。

家で安静にしているということなのだけど・・・ここでも何度か書いたけど、特に突発性難聴の場合、速効で治療にかからないと、治りにくくなり、病状が固定してしまうので、注意が必要なのだ。

まぁ、一応事務所とかも付いてる方なので、病院での診察等も受けてるだろうけどね。

私も、今でもこの方と同じような症状と、決して消えない耳鳴りが残ってるのでね。
それでまぁ、ライブハウスとか、全く行けなくなってるわけなのだけど。

ここのところ、ちと仕事の方で、かなーりひどいストレスがたまってたもので、またメニエールの兆候が出始めてるし。

そんなわけで、他人事と思えない私でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »