音楽機材

2012年5月25日 (金)

金環食と初めてのシンセサイザー

先日のGoogleのトップ画面のmini moogと、先日の金環食。
非常に個人的に感慨深いものがありまして・・・。

中学2年生の時の、私の、ある意味で人生の分岐点となった選択。
それは・・・それまでお年玉等で貯めてた貯金で、天体望遠鏡を買うか、シンセサイザーを買うか、っちゅうことだったんすけどw。

天文学とかも、興味あったんすよ、結構。
シンセサイザーのカタログとビクセンのカタログ、両方並べて穴が開くほど研究してましたな。
で、結局、ビクセンの反射式天体望遠鏡を振り切って、シンセサイザーの方に傾き、色々な大人の事情にも左右されつつ、KORGやRolandを振り切って(YAMAHAは、CS-10触った段階で嫌いになったので候補から外しましたがw)これ買ったんですが。

Dsc00217

以前にも、このブログでも触れた、ACE TONE の PS-1000。
一説によると、Roland創業者の方が、Rolandを始める前にACE TONE(日本ハモンド)ブランドのために設計したモデルらしいのですが、確認は取れていません。まぁ、不人気機種でしたし、超レア品です。
その昔、私がびっくりするほど名器を山ほど所有してるマニアの方に、「フェアライト持ってるって言われても驚かないけど、PS-1000持ってるというのには、びびりました」と言われたことはありますがw・・・そういう、超マニアックな機種です。

Dsc00219

その後も、色々なシンセサイザーを購入したり手放したりしましたが、これだけは、中学生で手に入れてから現在まで、手放さずに所有してます。

この子のステージデビューは、中学3年生の時、ブラバンで「ルパン三世」やった時。
わたしゃ、トロンボーン担当なのに、無理矢理ねじ込んで、この曲だけシンセ担当しましたw。

高校の時は、うちの高校は、音楽の授業の期末試験は自由課題だったもので、高校1年生の時はこれと友達から借りたRoland SH-2, CSQ-100, Saturnを音楽室に持ち込んで、YMOのライディーンを、同級生でブラバンでクラリネットやってた友人と2人でライブ演奏、2年の時は、カセットレコーダー2台でピンポン録音で作ったバックトラックを流しつつ、千のナイフを演奏しましたな。

Dsc00229

当時のうちの高校、とある事情で、「ロック・エレキ禁止」だったことが一部の世間で有名なんですが、シンセサイザーに関しては、当時はクラシック畑の冨田勲氏が有名だったし、YMOも、どちらかというと新しい電子音楽という捉え方をされてたし、そもそも、音楽の先生がシンセサイザー珍しがってた状態だったんで、OKだったんですな。
なんてことを思い出して・・・で、ふと気がついたんですが・・・・。

・・・・あんとき、そういえば、音楽室での本番前のセッティングの時、同級生の松本君も、これ、触ってたよな。「おぉ、これがシンセサイザーか、すげー、ちょと見せてくれ」とか言いながら・・・・。
・・・これ、もしかして、彼が触れた、最初のシンセか?

・・・もしかしたら、これ、とっても貴重なシンセサイザーかもしんないな、なんてことを、ちょっと考えてた今日この頃でした。

え? 松本君? 
いや、高校の同級生で、ブラスバンドでクラリネット吹いてて、すぐ退部しちゃった人です。
彼がギター弾いてるなんて、当時、知らなかったし、サーベルタイガーなんてバンドやってるてことも、ちっとも知りませんでしたが。
卒業後、再会する機会もなく死んじゃった、高校時代の同級生です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 2日 (金)

最近の私のライブシステム

先日、10年前のライブセッティング写真を載せたので、ついで。
2010年12月時点でのシステム。
名古屋でのライブ前日、宿泊先のホテルで仮組みしたときのもの。

主にコンピューター内の音源を使用したシステム。
AppleのLogic付属のMain Stageで、複数のバーチャルシンセやらエフェクトやら、終いにゃ、ギターの音色からバックトラックの制御、ハードシンセであるnovation Xioのシンセ出力のルーティングまで、全部まとめてコントロールしている。
で、オーディオI/Oでもあるnovation Xioから、2mixで出力される。

Photo

2

まぁ、これ以降、ライブというものに出演してないので(というか、最近は耳の問題があって、ライブハウスというものに入ることさえ出来ないわけだがsweat01)、現在の所、これが最終型ということになる。

先日の、10年前のシステムの頃は、当然のことながら、車無しでは移動不可能だったのだが、現在のセッティングなら、一人で電車でも移動可能。
ほんとに、コンパクトになったものだ。
にも関わらず、昔のセットよりも複雑なことが出来るし、便利なものである。
セッティングも撤収も素早く済むので、転換も楽だしね。

コンパクトすぎて、ステージ上が少々寂しい気もするんだけど、まぁ、こればっかりは、仕方が無い所。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月27日 (日)

10年前の私のライブ用システム

写真を捜してて、たまたま出てきた2001年の5月の写真。
D.A.C.Tというバンドをやってた頃のものと思われる。
これは、ライブ前に自宅(?)で、システム確認のために仮組みしてみた時の物。

Sany0092

Sany0093r


これ以外に、ROLAND AXIS-1というショルダーのMidiキーボードがあった筈。
・・・うーん、ライブの度に、こんなの一式持ち込んでたんだなぁ。

別に、ローディーがいたわけでもなかったので、これを一人で、ライブの度に、本番直前のスタジオ練習、当日朝のスタジオ練習、で、ライブハウス入りと、バラしては運び、組み立ててはまたバラシてと、繰り返してたわけだ。

ほんと、毎回、引っ越ししてるような気分になってたわけだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月17日 (土)

iPad用オーディオインターフェース

これ、かっこいいなぁ。

ALESISの出した、iPad専用のオーディオI/O。
マイクプリアンプ、Hi/z切り替えも付いたオーディオIN、USB/MIDI端子、高品位のヘッドフォンアンプ等々、iPadを本格的にオーディオツールとして使うための機能が装備されている。

私は残念ながら、まだiPadを持ってないんだけどね。
でも、これがあれば、iPadを本格的な音楽ツールとして使えそう。

iPadのタッチ式のインターフェースって、音楽用ツールとして使うのに、とても向いていると思うのでね。感覚的、直感的に操作出来そうなので。
これは、そういう音楽ソフト類を使う場合に、本体では足りない部分を過不足なく補ってて、しかも、本体と一体になって一つの完結した楽器みたいに出来るので、とても使いやすそうだ。

スペックと本体写真を見た限りで、私が指摘出来る、実に基本的な欠陥は1点のみ。
ヘッドフォン端子は、特別な理由がない限り、右サイドではなく、左再度に設けるべきだったね。

iPad用の音楽系ソフトもけっこう充実してきてるし、いよいよ、iPadが欲しくなってきた。

まぁ、もちろん、現時点でのiPadでは、あくまでもモバイル環境、サブ環境であって、メイン環境のDAW環境をリプレイスするようなものではないわけなのだけどね。

ただ、現時点でも、モバイルの作曲ツール・レコーダー、フィジカルインターフェース、ライブでの飛び道具的なインスト、DJ等のパフォーマンス用のデバイスとしては、かなり使えるものになりつつある・・・ような気がするが、何せ、持ってないからなw。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

突然Macが体調不良

私の音楽用のメイン環境のMacbook Proが、突然、調子が悪くなった。
Leopardにアップデートした際に、きれいに環境を作り直して以降、Snow Leopardにアップデートしても、快調に動作していたのだけど・・・。

まぁ、このニュースにショックを受けたわけではないと思うのだけどw。
------------------------------------------
米アップルのスティーブ・ジョブズCEOが辞任、後任はティム・クック氏 - 速報:@niftyニュース
.
------------------------------------------
何にしても、なんか、突然、カーソルが砂時計状態(今のMacOSXでは、虹色の円だけど)になってしまい、何の操作も受け付けなくなってしまうのだ。
再起動して、何もしないでしばらく放っておいても同様の状態になってしまうという深刻なもの。

で、色々考えた結果、最近入れたソフトのうちの、あやしいと思われるのを、見当をつけてアンインストールしてみた。

・・・きれいに治ったw。

ってか、今時のOSXを固まらせるって、どんだけ作りが悪いソフトなんだ、これ。
まぁ、一応、こちらの設定や相性の問題もあるかもしれんので、どのソフトかは明記しないけどね。

何にしても、びっくりした。
このマシン、一番最近のバックアップが取れてない(Timemashineのハードディスクが一杯になったもので・・・)から、復旧すると、ちょっと前の状態に戻ってしまうので、面倒なんよ。

何事もなく治って、よかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月26日 (金)

KORG microSTATION

発売になった時から、買おうかどうしようか迷っていた、これ。

KORG microSTATION

1314346657444.jpg

中古で出物があったので、ポチってしまいました。

ミニ鍵盤で、幅80cm弱なのに、5オクターブの鍵盤が収まっているという点「のみ」が欲しかった理由なので、そんだけのために買うには少々高価なので、これまで見送っていたのだ。

内蔵されてる音源や機能については正直、どうでも良かったので、このサイズでこのスペックのmidiコントローラーが、もう少し安い価格で出てくれれば、その方が良かったのだけど、どうもそういうものは出なさそうだったものでね。

まぁ、一応、音源としても試してはみたのだけど・・・・。まぁ、こんなもんでしょ。
KORGにしてもROLANDにしても、廉価機の音の薄っぺらさは、仕方が無いこと。
特に、D/Aと出力部のアナログ部分が粗悪なためかな。
やはり、USBだけつないで、制作用及び、(今後再びそういう機会があるかどうかは疑問なのだが)ライブ用のキーボードコントローラーのサブとして使用することになるだろう。
現状、ライブでも、Logic付属のMainStageで、ほとんどソフト音源を使ってるのだし。

MainStageというのは、DAWからシーケンス関係の機能を省略し、ライブに必要な機能をブラッシュアップしたようなホストアプリケーションなんだけど、ものすごーく良く出来ているので、しっかりセッティングを作ると、ほんと、下手なハードシンセなんぞより、よっぽど自由度の高いライブシステムが組めるのだ。

特に、MainStage2になってからは、ボーカルやGuitar等の、オーディオ外部入力までトータルでセッティングを組めるし、DAWではないので動作も軽くて安定させやすいし、シーケンスではないけどバックトラック用のオーディオファイルの再生も出来るし、それに対してクロック同期まで出来る(これは、ソフトシンセのオートアルペジオやモジュレーションのBPMシンクロに不可欠)ので、もはや、これ無しでライブとか考えられない私だったりする。

microSTATIONから音源を省略して、2in4outくらいのオーディオI/Oを内蔵し、フィジカルコントローラーの機能を充実させ、音源部分はソフトウェアで付けて、コンピューターと連携で完成する機種なんて、それなりに売れそうな気がするのだけどな。
ArturiaのAnalog Experienceシリーズとか、AkaiのSynth Stationなんかは、そういう感じのコンセプトなわけで。

ただ、Arturiaは、オーディオI/Oが別途必要だし、Akaiのは、あまりに鍵盤がちゃちいのだけど。

というか、novation の SL mk2シリーズに、Novation  nio2|4 を内蔵したバージョンが出てくれれば、私的には理想なのだけど、novationさん、考えてくれませんかねw。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月26日 (木)

FAW circle、思わず注文してしまった。

以前から気になっていた、FAW circleというソフトシンセ、日本代理店のメディアインテグレーションのホームページ見たら、期間限定で63% OFF、\9,870-という、とんでもない値引きキャンペーンしてたので、思わず注文してもーた。

ソフト音源のシンセは、そりゃもう大量に所有し、使ってるのだけど、実在のアナログ機材を再現するという点では優れた物がけっこうあるのだが、一から音を創るというのには、インターフェース的にあまり使いやすいものが無かったもので、以前から、ちょっと気になってたのだ。

このシンセは、既存のノブのグラフィック的な再現とかしてないかわりに、ポップでグラフィカルなパネルデザインで、ひと目見れば、パラメータの状態がすぐわかるという、コンピューター画面上で使用するシンセサイザーのインターフェースとしては、とても実用的なもの。

パラメータを操作し、音を作り、エディットするということに関しては、いちばん使いやすいソフトシンセではなかろーか。

以前、試用したことがあるのだが、機能的にも過不足無くそろっているし、使いやすかった。(・・・ちょっと貧乏な時期だったので、その時はがまんしたのだが、結果的に良かったかもw)

少々難を言えば、どのモジュールが、どのモジュールにパッチングされているかが、ポチッとしたアイコンの色だけで示されるのだけど、私としては、これが少々とっさにわかりにくい気がして・・・・。出来れば、どのモジュレーターがどのソースに働いてるか、もうすこし信号の流れがグラフィカルに示されると良いのだけど・・・いやまぁ、そうすると、画面がごちゃごちゃして、かえってわかりにくくなるか・・・。

まぁ、とりあえず、ライセンスが届くのが楽しみだ。

・・・音楽活動は停止してるというのに、ついつい機材とソフトは増えていくsweat02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月14日 (木)

ケーブル作成

先日導入した、AlesisのM1 Active 320USBなのだけど、なんとなーく、左チャンネルが、右チャンネルに比べて解像度が悪い気がしてきた。

この子、右のスピーカーにアンプやコントロールが内蔵されてて、そっから左チャンネルにケーブルでアンプ出力を送るタイプの構造になってる。

・・・・このケーブルが、見るからに安っちいので、このせいかな・・・・。

Img_1511

と、いうわけで、MOGAMI 2549で、ケーブル作成準備中。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火)

ALESIS M1 Active 320 USBを買ってみた。

先日の地震以降、少々事情があって、メインの製作環境が使えてない。
で、サブの作業環境で色々やってるのだけど、コンパクトなモニタースピーカーが欲しくて、色々と物色していた。

そうしたら、丁度、以前から気になっていた、ALESISのM1 Active 320 USBが、生産終了ということで特価販売していたので、買ってみた。


結果は、大当たりですな。
これ、私的には丁度良いです。

M1active320

スペースの関係で、最近流行のFostex PM0.4とかでも大きすぎて、これの横幅がギリギリ限界のサイズ(幅12.7cm)だったのだけど、コンパクトモニターとしては、実に良い。

上から下まで、過不足なく、丁度良く、まんべんなく出る感じ。

低音も、このサイズとしては、けっこうしっかりと出るし、ニアフィールドモニターとして設計されてるだけあって、輪郭もわりとカチッとしてて、モニターしやすい。
今日一日、色んな音楽を流して聴いてた感じでは、さほど変なクセも無いかな。

中域のあたりに、ややムラがあるような気もするけど、それはそれ、このサイズのモニターとしては、頑張ってる方なのではないかと。
どっちみち、こういうモニターは、これだけで最終ミックス決めるようなものではないわけで、全体像が把握しやすいというので、十分なんではないだろか。

バスレフポートが背面というのが、セッティング上、制御しづらいかな、と、気になってたのだけど、設置環境との相性もあるのか、全然気にならない。

今まで使ってたBOSE M3は、低音部を処理して、「あるように錯覚させる」ような動作をする(丁度、MAXX BASSをかけたみたいな感じ)ので、ベースやベードラの「音色」が大きく変化してしまうので、モニターとしては全く使い物にならなかったのだけど、これは普通に無理なく再生してくれる。
BOSE M3、デザインや大きさは、理想的なんだけどね・・・・。

うん、サブモニターとしては、十分じゃないかな、これ。
普通に音楽聴いてても、バランスが良いので、気持ちよく聴けるし。(一般的なリファレンス用としてどうかは、知らん。私は普段からスタジオモニター系の音しか聴いてないもので)

とりあえず、けっこう、気に入った。

私は普通にオーディオI/Oからアナログで接続して、単なるパワードモニターとして使ってるけど、これ自体、USBオーディオI/Oなので、オーディオI/O持ってない方には、2度美味しい・・・・かもしれない。OSの標準ドライバで動作する、というのも、ポイント高いんではないかな。・・・私はUSBでは試してないので、DAとしてどうかは、わかんないんですけどね。

そうそう、電源内蔵なので、ACアダプタじゃない、というのも、ポイント高い。
ACアダプタ、どうしても邪魔なんでねぇ。

ちなみに、生産終了となってるけど・・・・。
AKAIの製品としてリニューアルするだけなんだよね。

そういう意味でも、\9,800-というのは、けっこうお買い得なんではないかと。
私が買った店では、すでに売り切れてたので、買うなら急いだ方が良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

Get Your FREE Devil-Loc Plug-In

SoundToysというプラグインエフェクトのメーカー、知ってます?
そこが、3/31まで、Devil-Locというフリーのプラグインをプレゼントするという企画をやってるんですよ。

でもこれ、ゲーム形式になってて、参加してるユーザーの誰かをネット上で見つけて、Sharing Codeをもらわないといけないんです。

と、いうことで、私のSharing Code・・・。

Sharing Code: 286-7115-617

これを使うと、ソフト、もらえます。

下記をコピペすると、そのままサウンドトイズのエントリー画面に飛べます。

https://www.soundtoys.com/sxswpromo/&rc=286-7115-617

どんなプラグインかは、こちら。

※ ソフトの認証用にiLokを持ってる必要があります。
※ SoundToysにアカウントを作る必要があります。

今、つかってみたら、けっこう気持ちよい歪みがえられる、クランチ系のエフェクトです。

ということで、よかったら、どじょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)