音楽

2012年5月25日 (金)

金環食と初めてのシンセサイザー

先日のGoogleのトップ画面のmini moogと、先日の金環食。
非常に個人的に感慨深いものがありまして・・・。

中学2年生の時の、私の、ある意味で人生の分岐点となった選択。
それは・・・それまでお年玉等で貯めてた貯金で、天体望遠鏡を買うか、シンセサイザーを買うか、っちゅうことだったんすけどw。

天文学とかも、興味あったんすよ、結構。
シンセサイザーのカタログとビクセンのカタログ、両方並べて穴が開くほど研究してましたな。
で、結局、ビクセンの反射式天体望遠鏡を振り切って、シンセサイザーの方に傾き、色々な大人の事情にも左右されつつ、KORGやRolandを振り切って(YAMAHAは、CS-10触った段階で嫌いになったので候補から外しましたがw)これ買ったんですが。

Dsc00217

以前にも、このブログでも触れた、ACE TONE の PS-1000。
一説によると、Roland創業者の方が、Rolandを始める前にACE TONE(日本ハモンド)ブランドのために設計したモデルらしいのですが、確認は取れていません。まぁ、不人気機種でしたし、超レア品です。
その昔、私がびっくりするほど名器を山ほど所有してるマニアの方に、「フェアライト持ってるって言われても驚かないけど、PS-1000持ってるというのには、びびりました」と言われたことはありますがw・・・そういう、超マニアックな機種です。

Dsc00219

その後も、色々なシンセサイザーを購入したり手放したりしましたが、これだけは、中学生で手に入れてから現在まで、手放さずに所有してます。

この子のステージデビューは、中学3年生の時、ブラバンで「ルパン三世」やった時。
わたしゃ、トロンボーン担当なのに、無理矢理ねじ込んで、この曲だけシンセ担当しましたw。

高校の時は、うちの高校は、音楽の授業の期末試験は自由課題だったもので、高校1年生の時はこれと友達から借りたRoland SH-2, CSQ-100, Saturnを音楽室に持ち込んで、YMOのライディーンを、同級生でブラバンでクラリネットやってた友人と2人でライブ演奏、2年の時は、カセットレコーダー2台でピンポン録音で作ったバックトラックを流しつつ、千のナイフを演奏しましたな。

Dsc00229

当時のうちの高校、とある事情で、「ロック・エレキ禁止」だったことが一部の世間で有名なんですが、シンセサイザーに関しては、当時はクラシック畑の冨田勲氏が有名だったし、YMOも、どちらかというと新しい電子音楽という捉え方をされてたし、そもそも、音楽の先生がシンセサイザー珍しがってた状態だったんで、OKだったんですな。
なんてことを思い出して・・・で、ふと気がついたんですが・・・・。

・・・・あんとき、そういえば、音楽室での本番前のセッティングの時、同級生の松本君も、これ、触ってたよな。「おぉ、これがシンセサイザーか、すげー、ちょと見せてくれ」とか言いながら・・・・。
・・・これ、もしかして、彼が触れた、最初のシンセか?

・・・もしかしたら、これ、とっても貴重なシンセサイザーかもしんないな、なんてことを、ちょっと考えてた今日この頃でした。

え? 松本君? 
いや、高校の同級生で、ブラスバンドでクラリネット吹いてて、すぐ退部しちゃった人です。
彼がギター弾いてるなんて、当時、知らなかったし、サーベルタイガーなんてバンドやってるてことも、ちっとも知りませんでしたが。
卒業後、再会する機会もなく死んじゃった、高校時代の同級生です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

今日のGoogleトップページが妙に凄い件

Moog
シンセサイザーの生みの親・・・というか、シンセサイザーという楽器の現在の基本となる構造を完成させた・・・ロバート・モーグ博士の生誕78周年、つまり誕生日なそうで。

で、mini moog風シンセが、ででんと画面に居座ってるわけですが。
これが何が凄いって、鍵盤をマウスでクリックすると、ちゃんと音が出るし、パラメーターのつまみ類もいぢれるし、何より隣の4trオープンリールレコーダー、簡易シーケンサーになってて、レコードボタンを押すと、鍵盤押した時の演奏情報が記録される。
しかも、メーターをクリックすると、ちゃんと4チャンネル分、マルチで記録される仕様w。

そりゃまぁ、シリアスな使用に耐えるものではないけど、なかなか凝った遊びです。
今日一日のために作ったんだろか。こういう遊び、大好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 6日 (火)

nazoo

いや、別にどうという話ではないのだけど、ふと見たら、このブログの検索ワードランキング、現時点で・・・・。

2位が「nazoo live」で、10位が「nazoo パフォーマンス」だった。

nazooについては、NarさんもJota氏も、親しくしていただいてる友人なわけなんだけど。

そういえば、以前にも書いたけど、「musu bore」、「mother earth」「チョチロウ」といった検索ワードが、上位10位に入っていることも多い。

musu boreは、Renさんもチョチロウさんも親しい友人だし、チョチロウさんのお店、「Mother Earth」には、いつもお世話になってます。

・・・いや、何が悲しいって・・・自分が直接参加していたバンド名とかが、キーワード上位に入ってるのを、全く見たことがないなぁ・・・と。

自分の救いようのないダメさ加減を思い知る瞬間ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月22日 (火)

ひとこと おやすみ

FAIRCHILDの「ひとこと おやすみ」


私も好きな曲なのだけど、さっき、戸田誠司さんのTwitter読んでたら、戸田さん自身、FAIRCHILDで一番好きな曲なのだそうだ。

「デモテープで忘れさられてて解散後にベストかなんかで、ほぼデモテープ状態で入れた曲」だったのだそうで。
なるほど、そのあたりは知らなかった。

FAIRCHILD、ほんと、好きだったなぁ。
戸田さんの打ち込みは、それ以前から好きだったのだけど、FAIRCHILDは、全ての要素が完璧だと思ってた。

何度か、ライブも観に行ってたのだけど、たまたま取ってた日清パワーステーションのライブが、直前になって突然、解散ライブになったのにはびっくりしたのだが。

で、友人達と誘い合わせて観に行ったのだけど・・・。

会場に行く直前に、紀伊國屋にある某カレーショップで、「たぬきカレー」とか言う、揚げ玉をのせたカレーを食べたら、ライブの最中に、ものすごく気持ちが悪くなって、よりによってのラストライブで、一番好きだった「小さな星」を、トイレの中で便器に向かった状態で聴くはめになった悲しさsweat02
しかも、フロアはスタンディングだったので、戻ったら、一番後ろで観るしかなかったという悲しさcrying

それ以来、そのカレーショップには二度と行ってないし、カレーに揚げ玉を乗せることは、家訓として子々孫々、末代まで断じて許しません。
・・・って、現状で未婚で子供もいない私なんで、私が末代になりそうなんだがw。
まぁ、そもそも普通、揚げ玉なんて乗せないけどね。普通に美味しくなかったし。

・・・うーん、この話、前にも書いてたっけ?
ま、いいか。

そういえば、FAIRCHILDの動画を探してて、ミラクルひかるさんがFAIRCHILD時代のYOUさんのものまねをしてるのを見つけた。


うーん、何となく似てるかな、という感じなのだが、MCの後に歌い出すのが「死んじゃえばいいのにっ!」
なんか、ある意味でそれっぽくて、思わず笑った。

あ、そういえば、これの前に、酔っ払って恥ずかしい記事書いてたんですが、消しました。恥ずかしいからw。
なんか、「正気に戻ったら消す」と、予告もしてたしね(爆。

ほんと、酔っ払って、何してんだろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 3日 (木)

バンド名

さっき、電話で友人と話をしていて、バンド名って、大事だよねぇ、という話になったんだが。

それで、ふと頭をよぎったのが、GARNET CROWというバンド。

今まで名前を聞いた中で、私的に、最も美しい名前だなぁ、と思ったバンドだったりする。
もう、バンド名だけで、ごはん3杯いけちゃうくらい、良い名前だ。
・・・って、小食なんで、そもそも、そんなに食べられませんけど。

で、そんなにGARNET CROWが好きかと言われると・・・実は、あまり曲聴いたことが無いし、どんな曲やってたかも思い出せないんですがw。

あ、でも、ここのキーボードの女の子、すごく好みのタイプです。
(・・・GARNET CROWに謝りなさいっ!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

あるロック・スターの死

以前にも紹介・・・しようとして、忘れてたみたいなんですが・・・。
Steve Jobs氏をロック・スターに例えた、IT Mediaのこの記事は、素晴らしい。

ロックスター、スティーブ・ジョブズの偽歴史

良くも悪くも、とても特徴的で、類を見ないキャラクターの強さを持った彼は、カリスマ経営者とか、IT業界の何とか、とか、そういう表現がしっくり来ないと、つねづね思っていた。

この記事を読んで、なんかすっきりとした。
そうそう、そういう存在だったんだよね。

MacintoshやiPod、iPhoneやiPadに息づく、その強い個性の目指した哲学や世界観。
単に環境としてのパソコンやスマートフォンとは一線を画す存在感と意志。
それらは単なるデバイスなのに、一部からは強烈に愛され、また、一部からは強烈に嫌われる。
多分、単なる単体の道具たちなら、そこまで愛されたり憎まれたりはしないんじゃないかな。

彼が目指したのは、それぞれの製品の善し悪しやら性能やらではなくて、それらがあることによって、人の生活に、どのような変化と驚きをもたらしたいか、というビジョンを描くことだったと思う。

要は、それらが総合して描かれる、スティーブ・ジョブズの提示する世界が好きか嫌いか、なんだと思う。

それって、つまり、「製品」ではなくて、「作品」ってことなんじゃないかな。

そんだけ個人的な夢と哲学の実現に徹してて、世界一の資産価値の会社を育て上げちゃった人間なんだもの。存在として、確かにジョン・レノンやマイケルジャクソンの系統であって、ビル・ゲイツとかじゃないと思うよ。

なんにしても、時代を駆け抜けた偉大な才能が、天命を終えた。

今は、これまでに見せてくれた素晴らしいパフォーマンスに心から感謝し、冥福を祈りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

アメピグで、部屋をライブハウスっぽく改装してみた。

まったく、我ながら、あほなことに無駄遣いして・・・・。

Pigg_2

あとはこれで音声・音楽データのストリーミング配信なんぞが出来るなら疑似ライブや疑似DJイベント的なものも可能になるので、ピグのイベントっちゅうのが、我々にとってもなにげに意味が出てくるのだが・・・・。

ま、とてもあのサーバーが、そんな負荷に耐えられるとは思えないんですけどね。

それはそれとして・・・。
アイテムで、ピアノ以外のキーボードが欲しいものだ。
あと、PAミキサーとか、ギター・ベースアンプとか、エフェクトラックとか・・・。

・・・いや、そんなもん、高い値段で売られたひにゃ、それこそやつらの思うつぼだなw。

しかし、アメピグの部屋造りって・・・なにげに一種の箱庭療法的な・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月17日 (土)

iPad用オーディオインターフェース

これ、かっこいいなぁ。

ALESISの出した、iPad専用のオーディオI/O。
マイクプリアンプ、Hi/z切り替えも付いたオーディオIN、USB/MIDI端子、高品位のヘッドフォンアンプ等々、iPadを本格的にオーディオツールとして使うための機能が装備されている。

私は残念ながら、まだiPadを持ってないんだけどね。
でも、これがあれば、iPadを本格的な音楽ツールとして使えそう。

iPadのタッチ式のインターフェースって、音楽用ツールとして使うのに、とても向いていると思うのでね。感覚的、直感的に操作出来そうなので。
これは、そういう音楽ソフト類を使う場合に、本体では足りない部分を過不足なく補ってて、しかも、本体と一体になって一つの完結した楽器みたいに出来るので、とても使いやすそうだ。

スペックと本体写真を見た限りで、私が指摘出来る、実に基本的な欠陥は1点のみ。
ヘッドフォン端子は、特別な理由がない限り、右サイドではなく、左再度に設けるべきだったね。

iPad用の音楽系ソフトもけっこう充実してきてるし、いよいよ、iPadが欲しくなってきた。

まぁ、もちろん、現時点でのiPadでは、あくまでもモバイル環境、サブ環境であって、メイン環境のDAW環境をリプレイスするようなものではないわけなのだけどね。

ただ、現時点でも、モバイルの作曲ツール・レコーダー、フィジカルインターフェース、ライブでの飛び道具的なインスト、DJ等のパフォーマンス用のデバイスとしては、かなり使えるものになりつつある・・・ような気がするが、何せ、持ってないからなw。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月14日 (水)

色々とリハビリが必要なのだな。

とりあえず、ずいぶんと久しぶりに色々と音をいぢってみたりしてたのだけど、何というか、こう、頭の中で、うまく音にピントが合わない感じで。

1315947030918.jpg

故障で入院してて、すっかり筋肉が衰えて退院してきたスポーツ選手も、こんな感じなんだろか、という感じの、故障箇所が気になって、どうしてもこわごわと動かざるを得なくて、思うように体が動かせないようなもどかしさというか、なんか、違和感がつきまとう。

そういえば、これまたなんか不調だったMacの方は、デスクトップデータベースを再構築したら、すっきり治った。
なんか基本中の基本な対処なのだけど、最近のMacはとても安定してるもんで、恥ずかしながら、こういう基本的な対処法をすっかり忘れてた今日この頃。
MacもOS7.5の頃から使ってるんですけどねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

日本の歴代アーティストで一番歌が上手いと思うのは、誰?

美空ひばりさんだというのが、大勢の意見みたいなのだけど。

私は、岩崎宏美さんだと思ってるのだけどね・・・・。


そうか・・・。
ここでピアノ弾いてる羽田健太郎さんも、作詩の阿久悠さんも、作曲の三木たかしさんも、もう亡くなったんだなぁ。


ともかく、この方の高音域に行った時の声の延び方、独特な響き方を聴くと、ほんとにゾクゾクするんですよね、私は。

世代的なものかもしれないのだけど、私には、美空ひばりさんの良さ、凄さというのが、実はさっぱりわからんのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧